Blog

 7月のお休みについて

2021.06.30

7月は4日(日)と25日(日)にお休みさせて頂きます。

 染場便り 6

2021.06.27
酸化前の緑色も綺麗です。

インド藍をハイドロを使ってたてました。

元気が良かったので酸化し藍が定着する前の緑色も鮮やかです。

スカーフ20枚、オリジナルの生地15枚、そして蚊帳生地を2枚染めて無事終了。

 美味しいもの その1

2021.06.23

NHKの料理番組に出演している家庭料理研究家の夏梅美智子さんが期間限定でつくっている「みちこ弁当」です。

家庭料理ですので派手さはないですがどれをとっても手抜きせず(当たり前(笑))工夫を凝らしてありどれから食べ始めるか箸が迷うほどでした。

今月はあと29日の火曜日のみですがとても楽しみにしております。

美味しいものその1でした。

 いづみやの店頭は夏真っ盛り。

2021.06.23

藍染の座布団や麻生地のシーツ。そして、涼し気なバック。

蚊帳生地。

いづみやの店内は夏の装いになってます。

 いづみやが使っている原料(綿花)について その1

2021.06.22

いづみやが使っている原料は主にインドのアッサム地方やアメリカからの輸入、そして日本で生産された物となります。

インド綿はアジア系の綿で繊維が短く太め。その為に敷布団には大変適しており、その中でも紅茶でも有名なアッサム地方の原料はこしが強く最も適しています。

またアメリカの綿は繊維が長く細いためしなやか。その為掛布団などの柔らかめのお布団を好む方に適しております。

上の写真は工場の中の原料と原料が保管してある場所の写真です。

1つの塊で凡そ130~150㎏あり、アメリカ系の綿だとさらに重く200㎏近くになります。

これから何回かに分けてお布団や綿花についてお話させていただきます。

 麻蚊帳生地を染めた布

2021.06.17

今年も麻蚊帳生地を染めてみました。生地幅100㎝、長さはおよそ4m50㎝あります。

これからの時期、部屋の間仕切りやインテリアとしてバッチリ(笑)ではないでしょうか?

生地は5枚ありシンプルな藍染の物、抜きをかけて柄をつけたもの、上の写真のような抜きをかけてその上から柿渋をかけ鉄媒染をし、最後に軽く藍をかけたもの等とご興味をある方はぜひ直接見てみてください。

ご来店をお待ちしております。

 2021年度こたつ布団の注文終了のお知らせ

2021.06.17

昨日を持ちまして、今年2021年度の柿渋藍染のこたつ布団の注文を終了させていただきました。

 いづみやの畑、そして庭 14

2021.06.17

店の店頭にある紫陽花です。

通る方々が変わった美しい紫陽花ですねと声をかけて下さいます。

額が無く、花が大きい紫陽花です。

この葉っぱは何の葉か分かりますか?

これは鬼灯の葉っぱです。

今年は植物は成長が良く、ぐんぐんと伸び黄緑色の葉っぱも鮮やかです。

実もしっかりついておおきくなっております。

 いづみやの畑、そして庭 13

2021.06.13

雨が長く降ることもなく、いづみやの庭はもう夏の花の盛りのようです。

店頭2階のフラワーバスケットに咲くサフィニアもいつもより色が増し、早く清涼している感じがします。

とても元気です。

 いづみやの畑、そして庭 12

2021.06.10

青もみじの庭。秋の紅葉も美しいものですが、梅雨のころのもみじもまた格別ではないでしょうか?

梅雨のこの時期、重なった葉と一枚の葉の光の当たり具合で同じ色でも変化があり、そのグラデーションも美しさの一つです。

この写真はベランダから写したものですが、朝のひかりに当たり輝きの中に朝から心が癒されました。

店舗情報 店舗情報

05店舗情報

東京都狛江市中和泉2-12-3

寝具⼯房いづみや
株式会社 和泉屋製綿所

TEL 03-3489-1711


FAX 03-3488-6883

e-mail wata_izumiya@yahoo.co.jp

営業時間10:00~17:30

定休日不定休

(冬季・夏季休業 および臨時休業、時間変更の場合あり)


最寄り駅
 小田急線狛江駅( 新宿駅よりおよそ20分)

徒歩 : 
狛江駅より 狛江通りを調布⽅⾯へ 徒歩およそ15分

バス : 
狛江駅より、調布駅・慈恵医⼤第三病院・狛江営業所⽅⾯⾏き

「狛江市⽴緑野⼩学校」バス停下⾞

調布駅より、狛江駅・つつじが丘駅・成城学園前駅・⼆⼦⽟川⽅⾯⾏き

「狛江市⽴緑野⼩学校」バス停下⾞

お車でお越しの方

お店の裏⼿に専⽤駐⾞場がございます。